自称イケメンな人の勘違い行動

Posted 10月 23rd, 2012 by admin

出会いがない今日この頃。
あっても困りますけどねf^_^;
イケメンは愚か、イケメンを装っている男性と知り合うこともありません。
婚活中の友人はparty☆partyでイケメンに会ったと喜んでいたのを、羨ましく思うばかりです。
だから、「あはは」と久々に大声を上げて笑ってしまいました。
escala cafeにあった「ナルシストはイケてない!?『イケメンだと勘違いしていると思う男性の行動』」という記事にです。

私がかつてプチストーカーされたある男性は、ナルシストと言うのかイケメン風と言うのか、何もかもがここに書かれていることに当てはまっていました。
昔からこういう定義にはあまり変わりがないのだなと知り、思わず笑ってしまった次第です。

1位:常に鏡を見る
中高生くらいならまだ許せますね。
同世代は許さないかもしれませんけど、大人の私からすると「カッコつけたいお年頃なんだな」と微笑ましく思ってしまいます。
しかし、大人の男性は駄目ですね。
そんなに鏡を見て何を確認したいのでしょうか?

2位:常に髪型を気にして、頭を触っている
これも1位同様、大人の男性が気にしているのは許せません。
どんなにいじっても、イケメンではないことに早く気付きましょう。

3位:微妙なモテ話や自慢話を延々話す
これは本当に困りますね。
プチストーカーはよく私に話してくれました。
私は全く興味がないというのに、自分自身のエッチ話も平気でしていました。
興味があっても、この時点でアウトです。

4位:SNSに自分の写真をやたらUPする
私はSNSで男性と繋がったことはありません。
写真関係の知り合いだけですかね?
だから、プロフィール以外で顔を出す人は見たことがありません。
余程自信がおありのようですが、「その写真でいいのか?」という感じなのでしょうか?

5位:女性に対して上から目線で発言する
女性に上から目線になるということは、要は自分に自信がないということなのでしょうね。
それに気付かずやっている人は、“単なるイタイ人”と捉えられていること間違いなしです。

6位:少し話をしただけで好意があると勘違いする
これでは誰ともお話が出来ませんよね?
どうして勘違いしてしまうのでしょうか?
むしろ、どういう心理なのかを調べてみたいものです。

7位:まわりの男性にモテ論を語る
モテる人は誰から見ても「モテているな」と分かるものです。
わざわざ語られなくても…。

8位:女性のファッションや体型にダメ出しする
何様なのでしょうね?
彼氏や夫に言われるならまだしも、どうでもいい人に言われる筋合いはありません。

9位:流行服を着ているが似合ってない・サイズが合っていない
自分の体型や顔を把握していないとということなのでしょうね。
流行服は着ればいいというものではありません。

10位:批判もポジティブに受け取る
ポジティブは悪い事ではありませんが、批判を良く受け取るのはどうなのでしょうね?
単なる鬱陶しい人になりかねません。

男性の皆さん!
もしかしたらアナタのことかもしれませんよ?!

Comments are closed.